性教育 妊娠のしくみ

妊娠するまで

女性の体は生理が始まると妊娠・出産できるようになります。
では、どうやって妊娠が成立するのか、そのしくみを見ていきましょう。

  1. 卵子の旅立ち
    性教育 月経のページでも説明しましたが、月経のあとには排卵というものがあります。これは卵巣内の成熟した卵胞から卵子が外に飛び出すことです。排卵された卵子は卵管釆というところにすいこまれ、卵管内をどんどんさかのぼっていきます。

  2. 精子の旅立ち
    さて次に精子との出会いです。精子は男性が性行為によって女性の膣内に射精することで、女性の体の中に入ります。そして特に排卵日のときはホルモンの関係で精子はどんどん子宮の方へ泳いで行き、卵子のいるところを求めて卵管内を進んでいきます。それはまるでおたまじゃくしが泳いでいるようだと言われます。

  3. 受精
    そしていよいよ卵管で精子と卵子とが出会いました。このときに精子と卵子、お互いの細胞膜がくっついて受精というものが成立し、受精卵ができます。この受精できる精子はたった1匹です。数億匹の中からたった1匹の精子だけが卵子の中に入れるのです。

  4. 着床
    次に受精卵は卵管内を子宮の方へと移動します。このときに受精卵はどんどん細胞分裂し、桑の実のようになっていきます。そしていよいよ子宮に到着すると子宮内膜にくっつきます。これが着床です!

  5. 受精卵の成長
    着床した受精卵はその後子宮内膜にもぐりこみ、分裂をしながら胎児、すなわち赤ちゃんへと成長していくのです。しかし、最初はまだ人の形などしていません。「胎芽」と呼ばれる芽のじょうたいで、その後人へと成長していくのです。そして胎児になります。

妊娠する仕組みの図解


私は専門家ではありませんが、小中学生から大人の女性まで、また教育されている立場の方の参考になればと思ってこのサイトを作りました。
このサイトがいろいろな情報交換の場になればと思っています。
感想や意見はこちらまで
info@seikyouiku.com

リンクはってもらえるとうれしいです。
"性教育"とテキストリンクで結構です。
性教育


性教育 妊娠 ページの上部へ